RealSync

2つのフォルダーを簡単同期 バックアップにも便利

RealSyncは、指定された2つのフォルダーをミラーリング(複製)して同一内容にするソフトウェアです。ネットワーク上のフォルダー内容をローカルPCなどに自動的にコピーすることができるので、バックアップを簡単にリアルタイムに行うことができます。コピー時は更新されたファイルだけ確認してコピーするので高速です。システム管理者や、複数のPCを利用しているユーザーなどに適しています。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 簡単な操作で指定された2つのフォルダー間でファイルを同期できる
  • 作業終了後にソフトウェアを自動終了させることが出来る
  • ファイル同期を手動/自動を切り替えて利用できる

反対票

  • コピー先のファイルを削除して同期しても、コピー元のファイルはそのまま残ってしまう

とても良い
8

RealSyncは、指定された2つのフォルダーをミラーリング(複製)して同一内容にするソフトウェアです。ネットワーク上のフォルダー内容をローカルPCなどに自動的にコピーすることができるので、バックアップを簡単にリアルタイムに行うことができます。コピー時は更新されたファイルだけ確認してコピーするので高速です。システム管理者や、複数のPCを利用しているユーザーなどに適しています。

RealSyncは、タスクトレイに常駐して、自動的にミラーリングを行います。設定はとても簡単で、同期するフォルダーと同期間隔を指定するだけです。例えばネットワーク上のZドライブを更新元、PC上のC:\bakを更新先とし、更新間隔を5分にすると、5分後にZドライブの内容をC:\bakにコピーし始めます。2回目以降の更新では、変更されたファイルだけが相互に更新されます。ただし、更新先(C:\bak)でファイルを削除しても更新元(Z)のファイルは削除されません。

更新は手動でも随時実行できます。Windowsのエクスプローラーから、同期しているフォルダーを右クリックすれば、そのフォルダーだけを更新することもできます。コピーする容量が大きい場合、「更新後にWindowsを終了」にしておくと、退社前などに実行できて便利です。ただし、コピー先に同名のファイルがあっても、上書き確認のメッセージは表示されないので、フォルダー名の指定などが誤っていないか十分確認しましょう。

RealSyncは、簡単な操作で迅速にミラーリングができるツールです。動作も軽快で邪魔になりません。重要なデータや複数のPC間のバックアップに良いでしょう。

RealSync

ダウンロード

RealSync 1.93